セコリ荘

2016/07
|

タワーマンションの狭間にあるコミュニティ拠点。。
中央区月島にある築約90年の古民家を、キュレーターの宮浦晋哉氏が活動拠点として使うスペースセコリ荘として改装した。
宮浦氏が日本各地でセレクトした服の素材や雑貨のショップ、夜はおでん・昼はコーヒーを提供する飲食店、運営者の住居が混在する複合的な機能を持ったスペースとなっている。
共通のモジュールの角材を組み合わせた棚や、古家具や古材を使用したカウンターテーブルを施工した。また、リノベーションと同時に、float所属アーティストである佐藤圭の作品のインストールも合わせて行った。

イメージスケッチ
外観

セコリ荘の改装の様子

コメントは受け付けていません。

Twitter Facebook Tumblr